住まいをリフォームする時には、防犯対策を意識して行います。

住まいをリフォームする時には窓ガラス
最新の投稿

住まいをリフォームする時には窓ガラス

住まいをリフォームする時には窓ガラス 住まいをリフォームする時には、防犯対策を意識して行います。防犯対策は被害に遭う前にできる限り早めにはじめます。チェックするポイントは窓ガラスです。普通のガラスのままで防犯対策していない家は注意が必要です。一戸建ての場合には、空き巣の侵入方法の最も多いのがガラス破りで約7割を占めています。

ガラスを割って鍵を開ける方法で、手馴れている空き巣の場合には、10病程度で窓ガラスを割る事ができ、音もほとんどしないので空き巣は窓から侵入する事が多くなっています。いち早く入りそして盗みを行い、そして素早く逃げたいと考えている空き巣にとって苦手とする家は、侵入する時間が掛かる家です。リフォームを行う時には、窓サッシを開けるために時間と手間が掛かるようにしておく事が防犯対策として大きな役割を持ちます。

窓からの侵入対策は、防犯ガラスに替えたり、防犯フィルムを張ると効果的です。防犯ガラスは、2層のガラスの間にシートが挟んであり空き巣対策をする事ができ、さらに割れてもガラスが散らばらないので、地震や台風、竜巻の被害に遭った時にも対策となります。大きな窓だけでなく小さな窓にも防犯対策を行います。面格子の取付はおすすめです。1階だけでなく、2階にも付ける事が重要で、簡単に外す事ができない面格子を取り付けるようにします。

注目情報



Copyright(c) 2019 住まいをリフォームする時には窓ガラス All Rights Reserved.